日立健康保険組合

日立健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

「任意継続被保険者制度」「特例退職被保険者制度」保険料シミュレーション

下記項目を入力すると「任意継続被保険者制度」「特例退職被保険者制度」の保険料をシミュレーションできます。
(各制度とも、加入要件が満たされない場合は加入することができません)

  • *プルダウンから条件を設定し「計算する」ボタンを押してください。条件を変更した場合は、必ず再度「計算する」ボタンを押してください。
  • *計算結果は、下表の任意継続・特例退職被保険者制度の「健康保険料」「介護保険料」に反映されます。
生年月日
年   月    和暦早見表

和暦早見表

和暦 西暦 和暦 西暦 和暦 西暦
昭和191944 昭和391964 昭和591984
昭和201945 昭和401965 昭和601985
昭和211946 昭和411966 昭和611986
昭和221947 昭和421967 昭和621987
昭和231948 昭和431968 昭和631988
昭和241949 昭和441969 昭和641989
昭和251950 昭和451970 平成元1989
昭和261951 昭和461971 平成2 1990
昭和271952 昭和471972 平成3 1991
昭和281953 昭和481973 平成4 1992
昭和291954 昭和491974 平成5 1993
昭和301955 昭和501975 平成6 1994
昭和311956 昭和511976 平成7 1995
昭和321957 昭和521977 平成8 1996
昭和331958 昭和531978 平成9 1997
昭和341959 昭和541979 平成101998
昭和351960 昭和551980 平成111999
昭和361961 昭和561981 平成122000
昭和371962 昭和571982 平成132001
昭和381963 昭和581983 平成142002
退職日または退職予定日
年   月  
退職時の健康保険料額
本人負担額     ※給与明細でご確認ください
  • 注1:在職中における標準報酬月額は定期的な見直し(定時決定・随時決定)がありますので、シミュレーション時と任意継続・特例退職被保険者の資格取得時の保険料に違いが生じることがあります。
  • 注2:シミュレーションは加入年度の保険料のみとなります。
    • ※次年度の保険料シミュレーションは時期によって、保険料率等が未確定のため確認ができない場合があります。
  • 注3:保険料の支払方法別のシミュレーションの詳細については、健康保険料の計算結果下のリンクをクリックすると表示されますので、加入する際に確認をお願いいたします。
  任意継続被保険者制度 特例退職被保険者制度
加入要件
(各制度の加入要件をみたしているかは制度チェックのタブから確認願います)
  • (1) 退職日まで継続して満2ヵ月以上被保険者の加入期間を有する方
  • (2) 退職日の翌日から20日以内に加入申請をされた方

日本に住民票を有し、かつ老齢厚生年金の受給者で(受給開始手続き中の方含む)、次のいずれかの条件を満たす方(後期高齢者医療該当者は除く)

  • (1) 日立健保における被保険者期間が20年以上
  • (2) 日立健保における被保険者期間が40歳以降10年以上
健康保険料 未計算(月額)
  • ※「退職時の標準報酬月額」または「日立健保の全被保険者の標準報酬月額を平均した額(前年9月30日時点のもの)」のいずれか低い額に保険料率を掛けて保険料が決定します。
  • *退職後のご自身の収入では算出されませんので、ご注意ください。
24,360円(月額)
  • ※前年9月30日における特例退職被保険者以外の全被保険者の標準報酬月額を平均した額の範囲内において規約で定めた額を報酬月額とみなしたときの標準報酬月額が適用されます。なお当組合の規定で定めた額は280,000円になります。
  • *ご自身の収入では算出されませんので、ご注意ください。
介護保険料
(40歳から64歳までの方が該当)
未計算(月額) 未計算(月額)

ページ先頭へ戻る