日立健康保険組合

日立健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

個人情報保護について

個人情報に関する具体的な対応

1. 個人情報は限られた目的でのみ利用します(利用目的の特定および公表)

皆様の個人情報を取り扱うにあたり、その利用目的を特定し、公表致します。
個人情報の具体的な利用目的

2. 個人情報は適正に取得し、個人データの内容を正確にするよう努めます(適正な取得、正確性の確保)

偽りやその他の不正な手段によって個人情報を取得しません。また、利用目的の達成のため、正確かつ最新の内容を保つように努めます。

3. 個人情報を安全に管理し、情報を扱う従業員・委託先を監督します
(安全管理措置、従業者および委託先の監督)

個人情報の安全管理のためのセキュリティ対策を講じます。また、健保組合の職員には教育研修を行い、委託先には必要かつ適切な監督を行い、個人情報の保護に努めます。

4. 個人データの第三者への提供はルールに基づき行います(第三者提供の制限)

原則として、あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人データを提供しません。ただし、利用目的の達成のために必要な範囲において「業務を委託する場合」「個人データを共同利用する場合」は、個人情報保護法における第三者に該当しません。
業務を委託する場合
個人データを共同利用する場合

また、業務委託を行う場合は、個人情報の取り扱いについて委託先と安全管理措置の内容を契約するとともに、業務が適切に行われていることを定期的に確認します。
第三者提供に関する事前同意について

5. 本人から個人情報の開示、訂正、利用停止等を求められた場合は、ルールに従い対応します
(個人データの開示、訂正、利用停止等)

本人から健保組合が保有している個人データの開示等を求められたときは、本人に対して書面の交付等により、個人データの開示等の対応を行います。
ただし、開示等ができない場合は理由を説明して、苦情がある場合には適切かつ迅速に処理します。
個人データの開示等の手続き

ページ先頭へ戻る