日立健康保険組合

日立健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

人間ドック

日立健保では、特定健診を兼ねた人間ドック・ミニドック・レディース健診・集合契約の特定健診のいずれか1つについて、年度に1回、費用補助を行います。

人間ドック

からだ全体を総合的に検査するコース
生活習慣病(高血圧、心筋梗塞、糖尿病など)の早期発見、予防におすすめです。

対象者

日立健保加入の35歳以上の従業員のご家族 および 任継・特退のご本人・家族

  • ※受診日時点で日立健保に加入されていない場合は、補助の対象となりません。
  • ※補助対象年齢は、年度末(3月31日)時点の年齢です。

補助回数

年度に1回

  • ※補助回数は、「人間ドック」「ミニドック」「レディース健診」「集合契約の特定健診」のうち、いずれか1つについて、年度に1回となります。
  • ※年度の途中でお勤めの事業所を退職され、任継・特退または被扶養者として継続加入した場合でも、健診費用の補助回数は年度を通して1回となりますのでご注意ください。

検査項目

受診者負担額、事業所負担額および健保補助額

人間ドック費用
(税込)
受診者負担額
(税込)
健保補助額
(税込)
40,001円以上人間ドック費用 - 28,000円人間ドック費用 - 受診者負担額 (*1)但し、上限28,000円
20,001円~40,000円人間ドック費用の30%(*2)(100円未満切捨て)
6,001円~20,000円6,000円(*3)
  • (*1)健保補助上限額を超過する場合は、受診者負担額に上乗せとなります。
  • (*2)100円未満を切り捨てた結果、健保補助額が上限(28,000円)を超える場合、差額は受診者負担となります。
  • (*3)個人負担額の下限は6,000円(税込)です。
    人間ドック費用が6,000円(税込)以下の場合は補助の対象となりません。

受診できる健診機関

1.日立健保の人間ドック契約健診機関

契約健診機関リスト【家族・任継・特退用】はこちら
※リストの閲覧には、IDもしくは保険証が必要です。

2.日立健保の人間ドック契約健診機関以外の健診機関

ページ先頭へ戻る