日立健康保険組合

日立健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

部位検診(オプション検査)

部位検診(オプション検査)

対象者

下表の補助対象年齢にあたる従業員のご家族 および 任継・特退のご本人、ご家族

  • ※受診日時点で日立健保に加入されていない場合は、補助の対象となりません。
  • ※補助対象年齢は、年度末(3月31日)時点の年齢です。

健保補助額

検査項目検査方法補助対象年齢健保補助上限額
(税込)
子宮頸がん検査医師による内診(または経膣超音波)および頸部細胞診(医師採取)(*1)25歳以上
(女性のみ)
2,800円
乳がん検査マンモグラフィ(乳房X線)または乳房超音波30歳以上
(女性のみ)
3,500円
胃がん検査上部消化管X線(バリウム)または上部消化管内視鏡(胃カメラ)30歳以上
(レディース健診受診者のみ)
7,000円
腹部検査腹部超音波30歳以上3,500円
動脈硬化度検査頸動脈超音波または血圧脈波35歳以上2,500円
肝炎ウイルス検査HBs抗原およびHCV抗体(*1)35歳以上2,000円
甲状腺機能検査甲状腺ホルモン35歳以上3,500円
脳MR検査 頭部MRIおよびMRA(*1)35歳および40歳から3歳ごとのポイント年齢(*2)20,000円
肺がん検査胸部CT50歳以上7,000円
前立腺がん検査PSA検査(前立腺特異抗原)50歳以上
(男性のみ)
1,500円
歯科検診口腔内検査・保健指導16歳以上3,000円
  • (*1) 子宮頸がん検査、肝炎ウィルス検査、脳MR検査については、補助対象検査を全て実施していないと補助の対象となりません。(片方のみの実施の場合は補助対象外)
  • (*2) ポイント年齢:年度末年齢が、35、40、43、46、49、52、55、58、61、64、67、70、73歳の方

■留意事項

  • 人間ドック等の健診の検査項目に、部位検診の検査項目が含まれている場合、部位検診としての補助は対象外となります。
  • 補助対象以外の検査項目や検査方法で受診した場合は、補助の対象となりません。
    (例:直腸がん検査、触診のみの乳がん検査 等)
  • 保険証を使用して受診した場合(保険診療扱い)は、補助の対象となりません。

ページ先頭へ戻る