日立健康保険組合

日立健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

個人情報保護について

日立健康保険組合 個人情報保護方針

日立健康保険組合では、被保険者と被扶養者の皆様への保険給付ならびに健康の保持・増進を目的とした各種事業を実施しておりますが、これら組合事業の遂行にあたって、皆様からの信頼をいただけるよう、以下の個人情報の取り扱いに関する方針を定め「個人情報」の適切な取得・利用と保護に努めます。

1. 体制の整備

当健保組合では、役員・議員ならびに業務に従事する全ての者に対し、個人情報の取り扱いに関する教育啓発活動を実施するほか、個人情報を取り扱っている部門単位で管理責任者を置き、個人情報の保護が適切に行われているか、監査を実施し適切な管理に努めます。

2. 個人情報の取得・利用・提供

個人情報の取得・利用・提供にあたっては、健康保険法等の法令で収集が義務付けられている場合を除き、加入者に対し、利用目的を明らかにし、利用目的の達成に必要な範囲内でのみ使用します。なお、個人番号については、番号法で定められた利用範囲でのみ利用します。また、個人番号を含む個人情報については、本人の同意有無にかかわらず、番号法に定める場合を除き、提供いたしません。

3. 業務委託

利用目的遂行のために業務を委託する場合、業務委託契約の締結に際し、業務委託先の適格性を十分審査するとともに、個人情報の取り扱いに関する委託先の適正な管理および監督を行います。

4. 安全対策措置

被保険者ならびに被扶養者の皆様の情報を正確かつ最新なものにするため適切な措置を講じます。また、情報の紛失、毀損、改ざん、漏えいその他の危険に対して必要と考えられる対策を講じます。

5. 開示手続き及び苦情処理

当健保組合は、個人情報に関する窓口を設置し、被保険者および被扶養者が、個人情報に関する問合せや苦情ならびに当健保組合の個人情報データベースに保有されている個人情報の開示、訂正、削除等を希望される場合には、健康保険法等の法令ならびに個人情報に関する諸規程に基づき、合理的な範囲で速やかに対応します。

6. 法令等の遵守

当健保組合は「個人情報の保護」に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、個人情報に関する諸規程の内容を継続的に見直し、その改善に努めます。

7. 継続的改善

当健保組合は、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて、継続的改善を実施いたします。

2005年4月1日制定
2018年4月1日改訂

日立健康保険組合
理事長 三輪 高嶺

ページ先頭へ戻る